FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒人の握ったおはぎ

2008年04月27日 23:13

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/27(日) 22:56:52.98 ID:ccunalN/0

あんこはついてない


2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/27(日) 22:58:27.52 ID:KGITU7EtO

まんこはついてる


3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/27(日) 22:59:17.75 ID:cb0e5n/rO

もぐもぐ


4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/27(日) 22:59:48.77 ID:kCoKsj4mO

ハイレベルすぎて俺には理解できん


5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。[] 投稿日:2008/04/27(日) 23:02:34.85 ID:EeBwrHNG0

HAHAHA、これが本当のブラックジョークだって?


コメント

  1. kusomushi | URL | -

    だめだ、意味分からなさ過ぎた。
    修行してくる。

  2. kusomushi | URL | -

    おねがいちくびみせて

  3. 女子高生(黒人) | URL | -


    お風呂へいってきま~す。

  4. kusomushi | URL | -

    頭おかしいのか・・・?

  5. kusomushi | URL | -

                   r'゚'=、
                   / ̄`''''"'x、
              ,-=''"`i, ,x'''''''v'" ̄`x,__,,,_
          __,,/    i!        i, ̄\ ` 、
      __x-='"    |   /ヽ      /・l, l,   \ ヽ
     /(        1  i・ ノ       く、ノ |    i  i,
     | i,        {,      ニ  ,    .|    |  i,
     .l,  i,        }   人   ノヽ   |    {   {
      },  '、       T`'''i,  `ー"  \__,/     .}   |
      .} , .,'、       },  `ー--ー'''" /       }   i,
      | ,i_,iJ        `x,    _,,.x="       .|   ,}
      `"            `ー'"          iiJi_,ノ

  6. kusomushi | URL | -

    理解不能。
    俺の脳はもう今時のノリについていけてないのか?

  7. kusomushi | URL | -

    ━┳━  ┏━┓  ┏┓┃  ┏━┓  ┏━━  ┳  ┏┓┃┏┓┃
      ┃    ╋━╋  ┃┃┃  ╋━╋  ┗━┓  ┃  ┃┃┃┃┃┃
      ┃  ┗┛  ┗┛┃┗┛┗┛  ┗┛━━┛  ┻  ┃┗┛┃┗┛

  8. kusomushi | URL | -

    シュールな

  9.    | URL | -

    だから黒人は手のひらだけ白いのか

  10. kusomushi | URL | -

    ニガーってくるのかと思ったら
    見事に裏切られた

  11. kusomushi | URL | -

    新しい時代が始まっているのか…

  12. kusomushi | URL | -

    ニガい

  13. kusomushi | URL | -

    正直クソワロタ

  14. kusomushi | URL | -

    僕のおばあちゃんはナイジェリア出身の黒人女性だった。
    おばあちゃんが日本に来た頃はまだ外国人がめずらしかった時分で、その所為か随分おばあちゃんは奇異な視線に晒されたそうだ。
    また、日本文化にもうまく馴染めなかったおばあちゃんは料理の面でも随分苦労したらしい。お盆なんかでおじいちゃんの家で親族が集まる時、決まっておばあちゃんは不恰好なおはぎをこしらえた。
    ぼそぼそしていて、甘くなかったけど、子供だてらに僕は気を遣っておいしいおいしいと言って、そのたび困ったように苦笑するおばあちゃんの顔が印象的だった。
    そんなおばあちゃんが今年、死んだ。
    僕はおばあちゃんが作ったものより何倍もおいしいおはぎの作り方を教わった。でも、おばあちゃんの作り方の方のおはぎを、僕は無償に食べたくなる時がある。
    甘くなくてぼそぼそで不恰好。でも僕にとってはそれこそが本当のおはぎだ。
    お盆の時期に、僕は久しぶりにおじいちゃんの家に帰省する。その時は、おばあちゃんのご霊前にきっとあのまずいおはぎを供えよう。おばあちゃんはきっと苦笑するだろう。その顔が目に浮かぶよ。
    僕は何だかくすぐったくなって空を見上げる。都会の空気か、何だかぼやけた初夏の空を見上げながら、目元をぬぐって僕はこう思った。

    「管理人アホか。意味わかんねーよ!!!!」

  15. kusomushi | URL | -

                          + 激しく忍者 +
                X
          ∠ ̄\∩
            |/゚U゚|丿
          ~(`二⊃
           ( ヽ/
            ノ>ノ
           UU

  16. kusomushi | URL | -

    スレタイで動揺してしもうた

  17. kusomushi | URL | -

    ボサっとしてると置いてくぜ!

  18. kusomushi | URL | -

    厳選しすぎてわらえねーよ

  19. kusomushi | URL | -

    吹いた俺は自分に自信がつきました

  20. kusomushi | URL | -

    やっと理解した

  21. kusomushi | URL | -

    米11の優勝でいいよもう

  22. kusomushi | URL | -

    スレタイがイミフすぎて吹いた

  23. kusomushi | URL | gS/xbSlc

    少し考えてやっとわかった
    よくこんな事思いつくな

  24. kusomushi | URL | -

    黒人の手のひらは白いしな

  25.   | URL | -

    でも空は青いだろ?

  26. kusomushi | URL | -

    http://yomi.bbspink.com/test/read.cgi/ascii2d/1202230244/
    パクリ・・・なのか・・・?

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)



無料カウンター

最新の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。